元スマホエンジニアのニュース雑記

今もエンジニア一筋の筆者が気になったニュースを雑多に考察。

最後の一押しがビジネスを決める。「決済体験」の天国と地獄

以前から注目してた決済企業、Stripeの記事があって嬉しいです。
上場したら株買いたいですが、まだ上場したという情報は見つけてないです。

「オンライン決済の手間を省く」事の先駆者はAmazonです。ECサイトAmazonのモチベーション原点は「顧客の手間を省く」です。

決済を甘く見てはいけません。
ECサイトにおいて決済のしやすさ、決済情報をユーザが登録済であるかどうか、決済行為の安全性は購入率に非常に大きく影響します。
Stripeがある事によって、ECサイトの民主化・多様化が進んでいく事を期待してます。

任天堂が「人材に対する考え方」公開 世界的エンタメ企業が求める人材像とは?

確かにニンテンドーが提供しているのはゲームじゃなくて「遊び」ですね。
ニンテンドーの入社試験は狭き門になる一方で、かなりの質でゲーム制作のポートフォリオを持ってないと書類審査すら通らないと聞きます。

ハードウェア設計という意味では最新技術を組み込むわけではなく無難な技術を使うので、失礼ですがあまり魅力は感じないです。

企業の目指す姿はハッキリとしており、ビジョンのお手本のような事例ですね。
もはやキャラクターコンテンツだけでも生きて行けそうなニンテンドー。次世代機が出る手前くらいまでは株価が上がる要素が多いです。

Appleの年次開発者会議「WWDC2024」は6月10日から ヒントは「AI」

年次開発者会議「WWDC24」を6月10日から14日までオンラインで開催され、テーマは「AI」とのことです。

AIと言っても市場の評判を得るための発表であって、実際は新しい大規模LLMアピールとかじゃなくてiOSやMac上で動くサポートAIの体験をアピールするのかなと思ってます。

逆に言うと、もしガチのAIを発表してきたら、Appleはハードウェアの会社を脱却しようとしていると思えてしまうので、個人的にはそちらの方が成功するのか怪しいので心配です。

【エヌビディア】このままいけば時価総額が「世界経済」を超える

最終的に生成AIにやらせたのがただの複利計算の模様?なのと、結局NVIDIA株は買わんのかい!という点で良くわからない記事でしたが、NVIDIAの成長カーブを比喩する1つの方法という事ですかね。

NVIDIAの株は心臓に良く無いのでもう売りました。今は安心して株価のカーブを見ていられます。

近年GPUの価格高騰は酷すぎるので、是非競合企業が出てきて欲しいです。
日本ではあまり知られていませんが、NVIDIAはソフトウェアプラットフォームにも大きく手を伸ばしてきており、アメリカのテック巨人入りする素養は十二分に備えています。

 

余談ですがNVIDIAはGTCというGPUの祭典を毎年やっています。
NVIDIA GTCは昔から開催されているイベントで、昔呼ばれた事があります。

時間なくて行けなかったのですが、今思えば行っておけば良かったと思ってます。

「AIの祭典」って言われてますけど、GTCは「GPU Technology Conference」の略で元々はGPUの祭典です。

GTC 2024: AI の革新と NVIDIA の新技術を体験|NVIDIA

シャープ、液晶事業縮小へ 不振の堺工場、生産停止を視野

世界の亀山と言われた液晶のシャープがここまで追い込まれていたのですね。
パナソニックはもっと前にプラズマテレビを辞めていましたが。今後は有機ELだけが高付加価値商品となるようです。

PCディスプレイとしての有機ELは一般的では無いような気がしますが、まだ来ないのでしょうか?
個人的にはテレビ不要なので、PCディスプレイの有機ELが一般化するのをずっと待ってます。

【完全図解】今こそ知りたい「コンプライアンス」大全

不正のトライアングル。
自動車業界の不正を自分なりに解説した際、この記事と似たような要素は抜き出していましたが、不正のトライアングルという連鎖反応の概念は入れておらず、勉強になりました。

 

以前書いた不正についての考察記事です。
自動車業界で不正が多いのは偶然ではないと思います。

トヨタら大企業で不正相次ぐ、「社員の“満足度”高いほど不祥事が起こる」驚きの調査結果とは - 元スマホエンジニアのニュース雑記

【熱弁】不正続発の渦中で、豊田章男が語ったこと - 元スマホエンジニアのニュース雑記

【3分解説】ダイハツの大規模不正は、なぜ起きたのか - 元スマホエンジニアのニュース雑記

【幹部激白】役員たちの前で「豊田章男」が語ったこと

「実需」がきてから挽回できるのは最も強いです。皆、それが出来るなら苦労しないと思ってます。

Appleやトヨタはアーリーマジョリティ層への直接アクセスが出来るので、流行ってからでも勝てるという事です。
かつては日本の家電メーカーもそうでした。

商品のジャンルそのもの変革されない限り、王者は続くのかもしれません。Appleの方はその商品のジャンルが盤石では無さそうですが。